伝えたいこと

伝えたいこと · 30日 10月 2020
仕事でもスポーツでも、力を抜いてやったほうが上手くいくことが多いですね。しんそう療方も同じで力を抜いてやったほうが上手くいきます。力を抜くと凸と凹が合うように患者さんと術者の手足がピタッと合ってきます。
伝えたいこと · 29日 10月 2020
ほんの些細な部分で違いが生まれ、細かいポイントまで気を使えるのが本物という意味で、神は細部に宿るということわざがあります。 しんそう療方の調整はまさに神は細部に宿るそのものだと感じます。
伝えたいこと · 28日 10月 2020
私はしんそう療方の創始者である師匠が大好きでした。それは師匠の技術だけでなく立ち振る舞いなど雰囲気も含めて大好きでした。今師匠の技術だけでなく立ち振る舞いもインストールしようとがんばっています。
伝えたいこと · 27日 10月 2020
最近来られる新患さんは、重症の方が多いです。腰椎椎間板ヘルニアの方とか、痛くて寝られないほどの変形性股関節症の方とか。普通なら治るかなと少し不安になりところですが、なぜか不安はありません。 しんそう療方も私もなんか知らんけど凄いですから。
伝えたいこと · 26日 10月 2020
体内では、血液、呼吸、食べ物などいろんなものが循環しています。これらの循環が滞ったら、健康が損なわれます。しんそう療方は歪みをなおすことで、体内の循環を正常に戻します。
伝えたいこと · 24日 10月 2020
重症の方とかどこに行っても治らない方は、歪みの本性が表に現れていないことが多いです。しかし歪みの本性が現われてきたら大丈夫です。
伝えたいこと · 23日 10月 2020
人には身体のどこか悪くても自分で治す機能が備わっています。その働きが悪くなるのは、身体が歪んでいるからです。
伝えたいこと · 22日 10月 2020
しんそうの技法は、どこを触っても全身に効きます。これはしんそう士が患者さんの全身を見えているからというものありそうです。こうして視野を広くしていくのは、いろんな場面で大事なことです。
伝えたいこと · 21日 10月 2020
最近はコロナの影響も減って、患者さんが増えています。以前は患者さんが来なかったらどうしようという悲壮感が出てたようですが、今は楽しく出来ているように思います。
伝えたいこと · 20日 10月 2020
人の体の歪みって、力を入れてなおすのではなく、患者さんに合わせて手足を動かすだけで、なおっていくものですよ。

さらに表示する